2017年08月31日

マンガプレゼンター塩原 第2話 城之内、死す

マンガプレゼンター塩原!前回までのあらすじ!


「というわけで、オススメの漫画を教えて」


「あ〜〜?聞こえんなぁ〜〜」


鬼の哭く街カサンドラ!

この街でオススメ漫画を聞いて生きて帰れたものは、いない!!

友人Aは獄長シオグルの蒙古覇極道を破り、カサンドラ伝説に打ち勝つことが出来るのか!

怒涛の第2話、スタぁーーーーーートぉぅ!




オススメの漫画を教える、というのは難しい。


例えばその言葉の通りに、馬鹿正直に僕のオススメ、僕の"好きな"漫画を勧めたところで、楽しんでもらえる確率は7割がいいとこであろう。山田太郎の明訓高校時代の通算打率程度である。しかもこれが漫画初心者に対してとなれば、その数字は更にググッと下がり良くて.387(これはオリックス最終年のイチr)と言ったところか。

(注釈をつけるのも馬鹿馬鹿しいが、もちろん数字は根拠レス)

つまり.613の確率で、彼女は漫画を読むことを諦め、絶望し、今度こそ2度とそのページをめくることはなくなるであろう、ということである。

かなり大袈裟に書いたが、それ程この「最初の入り口」というのは大事なのである。





演劇も然り。

もっと詳しいジャンルであっても。自分の畑の話でさえ、そう簡単にはいかないと思う。

舞台を観たことがない友人に

「オススメの演劇、教えて」

と言われて、ノータイムで答えるというのは容易ではない。

じゃあ、僕が出てるやつを観に来てよ、となってしまうわけである。そりゃあオススメですよ。

話は逸れたが。





ヴィレヴァンにでも出向いて、この棚から好きなのを選びな!と言えば、まぁまぁの確率でヒットする、という相手ではそもそもないのだ。

30年、ほとんど漫画を読んだことのない相手に対して、レア漫画ディガーの皆さんが掘り起こした珍なる一品を提示してもしょうがない。


となるとやはり、王道か。


ジャンプ、マガジン、サンデーなどの大手少年誌や、手塚、赤塚、藤子ら巨匠の作品。誰でも知っている有名作が望ましい。

色々と候補はあったが、ここはひとつ、僕がこの世で一番大好きな漫画を勧めてみようじゃないか。

そこで最初に名前が思い浮かんだのが


SLAM DUNK

(全31 19901996 週刊少年ジャンプ 井上雄彦)


累計発行部数2億弱を誇る、言わずと知れた大ヒットバスケ漫画。

わざわざ僕がここで説明する必要はないであろう、超×3有名漫画である。

大して漫画好きでもない僕がわざわざ全巻揃えているのだから、それはもう有名作でしょう。

本作のヒロイン、晴子さんの問い

「バスケットは…お好きですか?」

に対する答えが、まさか最終31巻で回収されるとは、当時思ってもいませんでした。

中学時代、御多分に漏れず、僕もこの漫画の虜となった。今でも家の本棚に鎮座する赤い31冊は、僕の人生のバイブルでもある。


しかし、この選択が如何に安易で甘いものであったかということを、この時の僕はまだ知らなかった……




←to be continued

posted by しーおー at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

このブログの記事は塩原個人が書いております。 掲載された記事に何か問題がありましたら、お手数ですがt_shiobara(あっと)agarisk.comまでご連絡ください。